macでgrapできるエディター TextWrangler

 

macでgrapできるエディター TextWrangler の使い方をメモしておきます。

 

確認環境:TextWrangler version 5.0.2

 

TextWrangler は、mac App Storeでダウンロードできます。

 

使い方:

shift + command + F キーを押して、「Multi-File Search」画面を表示します。

TextWranglerでは、grapのことを、Multi-File Search と呼んでます。

 

Tip_00_02_001a

「Other」ボタンを押して、grepする場所を選択します。

そうすると、「Search in」に反映されます。

 

Tip_00_02_001b

 

「Find」にgrepしたいキーワードを入力し、「Find All」ボタンを押下します。

 

Tip_00_02_001c

 

すると、こんな感じでgrep結果が表示されます。


Tip_00_02_001d

 

「Filter」のリストから「New」を選択すると、grep条件の詳細な設定ができます。

例として、ファイルの拡張子が「.swift」のファイルだけを表示するようにするなら

こんな風に設定してください。

 

「Any/All」の横の欄は、このFilter条件につける適当な名前を入力しておけばOKです。


Tip_00_02_001e

 

そうすると、こんな感じでgrepのFilter条件が表示されます。

Tip_00_02_001f