防音ルーム(仕事部屋)を作りました

 

自宅に防音ルーム(仕事部屋)をDIYで作ってみました。

そんなに広くない自宅ですが、1.5帖くらいのスペースに収まるようなコンパクトな防音ルーム(仕事部屋)に仕上がりましたので、作り方などを紹介します。

なるべく安くなるようにがんばりましたが、それでもトータルで20万円弱くらいかかりました。

防音対策ってそれなりにお金がかかるんですね。。。

 

仕上がりはこんな感じです。(暗いですね。)

oth_01_01_001a

 

作り方ですが、

まず、高さ150cmのメタルラックを両端におきます。

このメタルラックの間にニトリで買った机の天板(テーブルトップ)を渡してやりました。

これだけで、ちょっとした作業部屋が完成です。

メタルラックは、高さや棚板の数が調整できるので、使い勝手がよくオススメですよ。

 

メタルラックと机の天板(テーブルトップ)はこちらを使いました。

ルミナス メタルラック 幅90cm×奥行45cm×高さ150cm

 

机の天板(テーブルトップ)

ニトリ フリーデスク天板(リモ2) 幅120cm×奥行59cm×高さ3cm

こちらは、テーブルの脚をつける金具がついていますが、じゃまなのでドライバーではずしました。

 

IKEAのこちらの天板(テーブルトップ)もいい感じです。

IKEA テーブルトップ

あとは、ホームセンターで適当な木材を買って、机の天板(テーブルトップ)にしてもいいかもしれません。

 

それから、防音対策として、メタルラックの周りを防音パネルで囲いました。

防音パネルは、ピアリビングさんのこちらを使いました。

サイズは、L、M、Sの3種類ありますが、

L 91cm×180cm 1枚 (天井用)

M 91cm×90cm 5枚

S 91cm×60cm 9枚

を使いました。結構なお値段になりました。

 

SサイズとMサイズを組み合わせると、高さが150cmになるので、メタルラックの高さとちょうど合います。

これでメタルラックをぐるりととり囲み、天井にLサイズのものを乗せてやりました。

これで、防音ルーム(仕事部屋)が完成です。

なお、防音は音源を囲うことが重要で、一部だけ防音をしても音の軽減は半減してしまうそうです。

 

防音パネルの性能は、スタンダード(厚さ5cm)、プロ(厚さ5cm)、ライト(厚さ2.5cm)の3種類ありますが、

私はそこそこの防音性を期待して、スタンダードにしました。

防音パネルの重さですが、SサイズとMサイズは、1人でもさほど苦もなくとりまわすことができる程度の重さです。

ただ、Lサイズは1人でとりまわすのは、ちょっと大変でした。

私の場合、Lサイズをメタルラックの天井に乗せたので、これだけはちょっと大変でした。

 

防音については、いろいろ調べましたが、こちらのピアリビングさんがいい感じです。

防音用グッズの品揃えが豊富なので、防音を考えている方は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

防音ルーム(仕事部屋)の出入口は、出入りがしやすいように遮音カーテンにしました。

正確には、カーテンではなく防音カーテンの生地を買って、つっぱり棒をカーテンレールの代わりにしました。

既成品のカーテンよりも、布地だけ好きな大きさだけ買いたかったので、こちらで購入しました。

私は、防音性能を重視して、2重にしたかったので、300cm買いました。

 

 

それから、忘れがちなのが、照明です。

防音ルーム(仕事部屋)は防音パネルで囲むと中は真っ暗になるので、中に照明をつけました。

こちらのボール型ライトは無段階に明るさが調整でき、一番明るくすれば、

1.5帖の防音ルーム(仕事部屋)で作業するには、十分な明るさです。

シンプルなデザインなので、どこでもマッチします。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

 

オフィスチェアはピンきりですが、私はこれを使っています。

 

 

組み立て式の簡易防音室といものもあり、こちらでも良いかもしれません。

これでも、一番安くて、6万円くらいかかっちゃうみたいですね。