laravel 5.2 レイアウトの管理

laravel 5.2 レイアウトの管理

 

確認環境:

laravel 5.2

Windows 10

XAMPP 5.6.30(php 5.6.30)

 

laravel 5.2 でレイアウトの管理方法についてメモしておきます。

 

\resources\views に layout.blade.php ファイルを作成する。

デフォルトで生成されている、welcome.blade.php ファイルをコピーして編集します。

 

\app\Http の routes.php を編集する。

phpMyAdminでデータベースを作る。照合順序は utf8mb4_unicode_ci (多分これでいいはず)

 

ルート にある

.env

ファイルを以下のとおり編集する

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead → 作成したデータベース名
DB_USERNAME=homestead → root
DB_PASSWORD=secret → 空欄

 

追加したら、以下のコマンドを実行して、マイグレートする。

php artisan migrate

 

以下のコマンドを実行して、Post モデルの作成とマイグレートを行う。

php artisan make:model Post -m

 

\app に Post.php

ファイルが生成されていることを確認する。

 

以下のコマンドを実行して、PostsController の作成とマイグレートを行う。

php artisan  make:controller PostsController -m

 

\app\Http\Controllers にPostController.php

が生成されていることを確認する。

\database\migrations に yyyy_mm_dd_xxxxxx_create_posts_table.php

ファイルが生成されていることを確認する。

 

\database\migrations の yyyy_mm_dd_xxxxxx_create_posts_table.php

にフィールドを2つ追加する。

 

\app\Http\Controllers の PostsController.php を編集する。

 

\resources\views\layouts に master.blade.php ファイルを作成する。

 

bootstrap の以下のページからサンプルレイアウトを拝借

https://v4-alpha.getbootstrap.com/examples/

今回は、bootstrap のAlbum テンプレートを使用します。

このページのソースを表示して、まるごとコピーして、

\resources\views に master.blade.php ファイルに貼り付りつけ、以下のように編集します。

ポイントは、

<!– Bootstrap core CSS –>

の箇所を以下のリンク先のコードに差し替えます。

Bootstrap CDN

以下のリンク先のコードをコピーして、
album.css

ローカルの\public にalbum.css ファイルを作成する。

 

\resources\views\layouts に nav.blade.php を新規作成し編集する。

 

\resources\views\layouts に footer.blade.php を新規作成し編集する。

 

\resources\views\posts に index.blade.php を新規作成し編集する。

 

ここで、ブラウザでルートパスにアクセスして表示を確認する。

 

\resources\views\posts に show.blade.php を新規作成し編集する。

 

ここで、ブラウザで/public/posts/1 パスにアクセスして表示を確認する。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>