laravel 5.4 データベースとViewの連携

laravel 5.4 データベースとViewの連携

 

確認環境:

laravel 5.4

Windows 10

XAMPP 5.6.30(php 5.6.30)

 

laravel 5.4 でデータベースとViewの連携の方法についてメモしておきます。

 

laravel 5.4 データベースの追加
で、データベースを作成したので、その続きで、Viewと連携させていきます。

 

データベース名:laratest01db01

テーブル:

・migrations

・password_resets

・users

・tasks ← このテーブルをいじります。

 

テーブル tasks は4つのフィールドがあります。

・id
・body
・created_at ← 自動で生成される
・updated_at ← 自動で生成される

 

phpMyAdmin で テーブル tasks にレコードを追加します。

 

C:\xampp\htdocs\laraveltest01\routes\web.php を編集する

web.php


この状態で http://localhost/laraveltest01/public/test にアクセスすると、

テーブル tasks の生値が確認できます。

 

再び、C:\xampp\htdocs\laraveltest01\routes\web.php を編集する

今度はこんな感じにします。

web.php

 

C:\xampp\htdocs\laraveltest01\resources\views\test.blade.php を編集する
test.blade.php

http://localhost/laraveltest01/public/test にアクセスし、

テーブル tasks のbody フィールドの値が表示されていることを確認します。

 

再び、C:\xampp\htdocs\laraveltest01\routes\web.php を編集する

今度はこんな感じにします。

web.php


C:\xampp\htdocs\laraveltest01\resources\views\tasks

にshow.blade.php とindex.blade.php を新規作成します。

show.blade.php


index.blade.php

http://localhost/laraveltest01/public/tasks にアクセスします。
テーブル tasks の body フィールドの一覧が表示されます。

クリックすると、

http://localhost/laraveltest01/public/tasks/[id値] のページが表示され、

選択した id値のbody フィールドの値が表示されます。

 

参考資料:

LARACASTS Laravel 5.4 From Scratch (英語の動画)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>