laravel 5.4 データベースの追加

公開日時 作成者 0gravity000コメントする

laravel 5.4 データベースの追加

確認環境:

laravel 5.4

Windows 10

MySQL 5.7

MySQL Workbench 6.3

XAMPP 5.6.30(php 5.6.30)

php 7.1.7

 

 

laravel 5.4 でデータベース(mysql)の追加方法についてメモしておきます。

 

laravel 5.4でデータベース(mysql)を作成する方法

 

あらかじめMySQLをインストールしておきます。

MySQLをインストールすると、MySQL Workbenchもあわせてインストールされるので、

こちらで、データベースの操作や確認ができます。

 

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行

mysql -u[MySQLで設定したユーザー名] -p

 

次に、パスワードを聞かれるので、設定したパスワードを入力します。
Enter password: [MySQLで設定したパスワード]

 

create database [任意のデータベース名];

 

use [上記で作成したデータベース名];

 

show tables;

 

最初は何もテーブルがないので、以下のような結果になります。

Empty set (0.00 sec)

 

laravelのプロジェクトフォルダ直下にある、

「.env」ファイルを以下のとおり編集します。

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead → [上記で作成したデータベース名]
DB_USERNAME=homestead → [MySQLで設定したユーザー名]
DB_PASSWORD=secret → [MySQLで設定したパスワード]

 

その後、以下のコマンドを実行します。

php artisan migrate

 

すると、以下のような結果が帰ってきます。

Migration table created successfully.
Migrating: 2014_10_12_000000_create_users_table
Migrated: 2014_10_12_000000_create_users_table
Migrating: 2014_10_12_100000_create_password_resets_table
Migrated: 2014_10_12_100000_create_password_resets_table

 

再度、以下のコマンドを実行します。

show tables;

 

すると、以下のような結果が帰ってきて、3つテーブルが作成されています。

+-----------------------+
| Tables_in_sample_blog |
+-----------------------+
| migrations |
| password_resets |
| users |
+-----------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

 

これは、laravelのプロジェクトの以下の場所に、

migrationファイルがデフォルトで用意されていて、migrateコマンドを実行することで、

テーブルが作成されます。

database\migrations\2014_10_12_000000_create_users_table.php
database\migrations\2014_10_12_100000_create_password_resets_table.php

 

MySQL Workbenchで作成したデータベースと、テーブルを確認することができます。

 

 

以下は、XAMPPで、laravelの実行環境の構築方法ですが、結構めんどくさいので、

上記の方法の方がおすすめです。

------

laravel 5.4でデータベース(mysql)を作成する方法

1.XAMPPの phpMyAdmin でデータベースを新規作成

データベース名:laratest01db01

照合順序:utf8mb4_unicode_ci (多分これでいいはず)

 

2. C:\xampp\htdocs\laraveltest01 にある

.env

ファイルを以下のとおり編集する

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead → laratest01db01
DB_USERNAME=homestead → root
DB_PASSWORD=secret → 空欄

 

3. 以下のコマンドを実行

php artisan migrate

成功したら、

Migration table created successfully.

と表示される。

 

xampp  5.6.30 だと、php artisan migrate でエラーがでるようなので、

C:\xampp\htdocs\laraveltest01\app\Providers\AppServiceProvider.php

を以下のように(6行目と18行目の箇所)修正する

AppServiceProvider.php

参考資料:[5.4] SQL error when migrating tables #17508

 

4. phpMyAdmin でデータベース laratest01db01 のテーブルを確認

・migrations
・password_resets
・users

の3つのテーブルが作成されていることを確認する。

 

5. 以下のコマンドを実行して、tasks テーブルを追加する。

php artisan make:migration create_tasks_table --create=tasks

 

6.  C:\xampp\htdocs\laraveltest01\database\migrations に

yyyy_mm_dd_xxxxx_create_tasks_table.php

ファイルが作成されていることを確認する

 

7. create_tasks_table.php テーブルを編集する

 

8. 以下のコマンドを実行して、データベースを更新

php artisan migrate

 

9. phpMyAdmin でデータベース laratest01db01 にtasksテーブルが追加され

・id
・body
・created_at
・updated_at

4つフィールドができていることを確認する

 

参考資料:

LARACASTS Laravel 5.4 From Scratch(英語の動画)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です