laravel 5.4 Viewの追加

公開日時 作成者 0gravity000コメントする

laravel 5.4 Viewの追加

確認環境:

laravel 5.4

Windows 10

MySQL 5.7

XAMPP 5.6.30(php 5.6.30)

php 7.1.7

 

laravel 5.4 Viewの追加方法についてメモしておきます。

Laravelを表示してみる

C:\xxx\laraveltest01にLaravel 5.4のプロジェクトを作成したので、

Laravelを表示するには、以下のコマンドを実行し、
php artisan serve

その後、
http://127.0.0.1:8000/

http://localhost/laraveltest01/public/

にアクセスすると、サイトのトップページが表示されます。

 

 

Viewを追加してみる

1. C:\xxx\laraveltest01\routes\web.php を編集

 

web.php

18-21行目のコードを追加します。

 

2. C:\xxx\laraveltest01\resources\views\welcome.blade.php をコピー

3. C:\xxx\laraveltest01\resources\views\about.blade.php を新規作成

2.の welcome.blade.php をコピーして、ファイル名を about.blade.php として、新規作成します。

 

4. C:\xxx\laraveltest01\resources\views\about.blade.php を編集

適当に編集します。

 

5. http://127.0.0.1:8000/about へアクセス

4.で編集したページが表示されます。

 

なお、

C:\xxx\laraveltest01にLaravel 5.4のプロジェクトを作成したので、

http://127.0.0.1:8000/

ここに、index.php がありますが、この中身は以下の通りですが、

・Composerで生成されたオートローダー定義をロード

スクリプトからLaravelアプリケーションのインスタンスを取得

をしているだけです。

 

index.php

 

laravelは、

\resources\views

配下に「.blade.php」を作成し、

 

routes\web.php

で、Routingを定義する。という構造です。

 

参考資料:

LARACASTS Laravel 5.4 From Scratch(英語の動画)

公式ドキュメンテーション ライフサイクルのリクエスト
公式ドキュメンテーション サービスコンテナ
公式ドキュメンテーション サービスプロバイダ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です