laravel 5.4 を使ってみる

公開日時 作成者 0gravity000コメントする

laravel 5.4 を使ってみる

 

確認環境:

laravel 5.4

Windows 10

MySQL 5.7

XAMPP 5.6.30(php 5.6.30)

php 7.1.7

 

 

laravel 5.4 を使ってみて、わかったことをメモしておきます。

 

laravel 5.4を使うには

  • PHP> = 5.6.4
  • Composerがインストールされていること

が必要です。

 

Composerのインストール

laravelを使うには、composerがインストールされている必要があるので、

未インストールの場合は先にインストールしておきます。

Windowsの場合、

https://getcomposer.org/Composer-Setup.exe

にアクセスして、インストーラを入手して、実行する。

または、以下のコマンドを実行します。

php -r "readfile('https://getcomposer.org/installer');" | php

参考ページ

https://getcomposer.org/doc/00-intro.md#installation-windows

 

macの場合、

ターミナルで、以下のコマンドを実行する。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === '544e09ee996cdf60ece3804abc52599c22b1f40f4323403c44d44fdfdd586475ca9813a858088ffbc1f233e9b180f061') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

参考ページ

https://getcomposer.org/download/

 

実行すると、composer.phar ファイルができます。

php composer.phar -v でcomposer のバージョンが確認できます。

 

環境変数の設定をすれば、以下のコマンドでOKです。

composer -V

バージョン確認できれば、PATHが通ってます。

Windowsの場合、私の環境では、以下の環境変数を設定しました。

C:\ProgramData\ComposerSetup\bin

 

macの場合、

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

で、「composer.phar」ファイルを以下のパスに移動します。

 

composer
コマンドで、コマンド一覧が表示できます。

 

 

laravelを使ってみる

composerをインストールしたので、laravelが使えるようになりました。

早速、laravel でプロジェクトを作成してみます。

プロジェクトの作成方法は、コマンドプロンプトでイントールしたいディレクトリに移動して、

以下のコマンドを実行します。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel [プロジェクト名] [バージョン]

例)

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel blog "5.4.*"

 

なお、以下のコマンドでlaravelインストーラをインストールし、

composer global require "laravel/installer"

 

その後、以下のコマンドを実行して、プロジェクトの作成ができます。

ただし、バージョン指定はできず、最新版を作成します。

laravel new [プロジェクト名]

 

macの場合は、「.bashrc」ファイルに以下の設定が必要かもしれません。

export PATH="$HOME/.composer/vender/bin:$PATH"

 

以下のコマンドでvimを起動して、「.bashrc」ファイルを編集してください。

vim ~/.bashrc

 

作成したプロジェクトのlaravel のバージョンを確認するには、
作成したプロジェクトフォルダに移動して、
以下のコマンドを実行します。

php artisan -V

 

 

laravelプロジェクトフォルダの構成

C:\xxx\LARAVELTEST01にLaravel 5.4のプロジェクトを作成しました。
C:\XAMPP\HTDOCS\LARAVELTEST01にLaravel 5.4をインストールしました。

フォルダ、ファイル構成は以下の通りです。

(コマンドプロンプトで tree /f [ツリー出力したいパス] > xxx.txt でツリーをテキストに落とせます。)

 

C:\xxx\laraveltest01
C:\XAMPP\HTDOCS\laraveltest01
│ .env
│ .env.example
│ .gitattributes
│ .gitignore
│ artisan
│ composer.json
│ composer.lock
│ laraveltree.txt
│ package.json
│ phpunit.xml
│ readme.md
│ server.php
│ webpack.mix.js

├─app
│ │ User.php
│ │
│ ├─Console
│ │ Kernel.php
│ │
│ ├─Exceptions
│ │ Handler.php
│ │
│ ├─Http
│ │ │ Kernel.php
│ │ │
│ │ ├─Controllers
│ │ │ │ Controller.php
│ │ │ │
│ │ │ └─Auth
│ │ │ ForgotPasswordController.php
│ │ │ LoginController.php
│ │ │ RegisterController.php
│ │ │ ResetPasswordController.php
│ │ │
│ │ └─Middleware
│ │ EncryptCookies.php
│ │ RedirectIfAuthenticated.php
│ │ TrimStrings.php
│ │ VerifyCsrfToken.php
│ │
│ └─Providers
│ AppServiceProvider.php
│ AuthServiceProvider.php
│ BroadcastServiceProvider.php
│ EventServiceProvider.php
│ RouteServiceProvider.php

├─bootstrap
│ │ app.php
│ │ autoload.php
│ │
│ └─cache
│ .gitignore
│ services.php

├─config
│ app.php
│ auth.php
│ broadcasting.php
│ cache.php
│ database.php
│ filesystems.php
│ mail.php
│ queue.php
│ services.php
│ session.php
│ view.php

├─database
│ │ .gitignore
│ │
│ ├─factories
│ │ ModelFactory.php
│ │
│ ├─migrations
│ │ 2014_10_12_000000_create_users_table.php
│ │ 2014_10_12_100000_create_password_resets_table.php
│ │
│ └─seeds
│ DatabaseSeeder.php

├─public
│ │ .htaccess
│ │ favicon.ico
│ │ index.php
│ │ robots.txt
│ │ web.config
│ │
│ ├─css
│ │ app.css
│ │
│ └─js
│ app.js

├─resources
│ ├─assets
│ │ ├─js
│ │ │ │ app.js
│ │ │ │ bootstrap.js
│ │ │ │
│ │ │ └─components
│ │ │ Example.vue
│ │ │
│ │ └─sass
│ │ app.scss
│ │ _variables.scss
│ │
│ ├─lang
│ │ └─en
│ │ auth.php
│ │ pagination.php
│ │ passwords.php
│ │ validation.php
│ │
│ └─views
│ welcome.blade.php

├─routes
│ api.php
│ channels.php
│ console.php
│ web.php

├─storage
│ ├─app
│ │ │ .gitignore
│ │ │
│ │ └─public
│ │ .gitignore
│ │
│ ├─framework
│ │ │ .gitignore
│ │ │
│ │ ├─cache
│ │ │ .gitignore
│ │ │
│ │ ├─sessions
│ │ │ .gitignore
│ │ │ 8SfGt2P1PL1jhbDMLcmcoAQVb8Q6YxMMqo691FfV
│ │ │ RIsyLDtbLqwlHi9cljIz0Unk0yaUiAZ89XmtO8MO
│ │ │
│ │ ├─testing
│ │ │ .gitignore
│ │ │
│ │ └─views
│ │ .gitignore
│ │ 2c37ceba00ba14f0254de15943fb3681d6469a1f.php
│ │
│ └─logs
│ .gitignore

├─tests
│ │ CreatesApplication.php
│ │ TestCase.php
│ │
│ ├─Feature
│ │ ExampleTest.php
│ │
│ └─Unit
│ ExampleTest.php

└─vendor (comporserのファイル)

 

Laravelを表示してみる

C:\xxx\laraveltest01にLaravel 5.4をインストールしたので、
C:\XAMPP\HTDOCS\laraveltest01にLaravel 5.4をインストールしたので、

Laravelを表示するには、以下のコマンドを実行し、
php artisan serve

 

その後、
http://127.0.0.1:8000/
http://localhost/laraveltest01/public/

にアクセスします。

すると、こんな画面が表示されます。

DOCUMENTATION の箇所をクリックすると、公式ドキュメントサイト(英語)にアクセスします。

GITHUB の箇所をクリックすると、GITHUBで公開されている公式ソースを見ることができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です